読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

再び大平峠

 

 車のスペアキーを持って大平峠へ。

 

 6時前に家を出発し、30分歩いて大曽根駅着。車に乗るようになってからは鉄道をあまり使わなくなったけれど、学生の頃は登山でも旅でもこの駅がスタートだった。懐かしい…。普通列車に乗り中津川で乗り換えて、南木曽駅着は8時過ぎだった。

 

◆JR大曽根駅

f:id:seigoy:20161030064501j:plain

 

 南木曽駅からはタクシーで大平峠へ。いくらかかるか分からず、峠の車まで行けばクレジットカードがあるな、いやカード決済時に電波が届かなかったら決済できないかな、といろいろ心配してたらカード決済すら出来ない80年代と思われる古い車だった。

 でも運転手のおじいちゃんは気さくないい人で、大平峠に時々客を乗せていくとか、今年の紅葉は今までで最悪だとか、いろんな話をしながら峠を上がっていく。そして40分くらいで峠頂上着。思ったより高くなく、6750円だった。

 

◆峠頂上で一晩放置したJUKE

f:id:seigoy:20161030092542j:plain

 

 まだ9時だったから、昨日と同じ夏焼山に登ってみる。昨日は持って行かなかったEOSも一緒に。

 

◆登山口付近

f:id:seigoy:20161030094156j:plain

 まだ朝靄が晴れていない

f:id:seigoy:20161030094942j:plain

 禿岳のカラ松

f:id:seigoy:20161030112241j:plain

 

◆中間点あたり

f:id:seigoy:20161030095154j:plain

f:id:seigoy:20161030095622j:plain

f:id:seigoy:20161030095638j:plain

◆頂上付近

f:id:seigoy:20161030100257j:plain

f:id:seigoy:20161030100706j:plain

 

 頂上には10時着。雲が少し出てきたけれど展望は良好で、御嶽山も乗鞍岳もくっきり見えた。でも、昨日座った場所には鍵はなかった。

 残るは、昨日頂上でよろけて藪の中に身体ごと落ちた場所。見つかるわけないよなとクマザサを押しのけながら探してみたら、まさかのまさかで見つかった。昨日よろけて落ちた拍子にポケットから落としたのだろう。見つかって嬉しいやら悲しいやらで、下山した。

 

◆夏焼山頂上にて

f:id:seigoy:20161030104458j:plain

 奥は恵那山

f:id:seigoy:20161030103309j:plain

 御嶽山(左)と乗鞍岳(右)

f:id:seigoy:20161030104419j:plain

 落ちていた鍵

f:id:seigoy:20161030100549j:plain

 

 おしまい。