読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

西国巡礼と和歌山城

 ちょっと調子を崩していたけれど、週末までも閉じ籠っていたらもっとおかしくなるような気がして、ちょっと出掛けてみた。和歌山まで…。

 
 まずは西国巡礼の2番札所へ向かった。天理から南下して、粉河寺へ。でも、着いてから3番札所だという事に気がついた大馬鹿もの。まあ同日ならば逆転でも許されるだろうと、粉河寺から参る。ここは小学生以来、2度目の参拝。朝早いというのに、小雨がぱらついているというのに、結構な参拝客が来ていた。山門や本堂は、やっぱり歴史があるだけあって良かったなぁ。しっかり参拝して、ご朱印を頂いてきた。
 
 そして、2番札所の紀三井寺へ。ここは、初めての参拝となる。和歌山市の南にあって、急勾配な山の上に建っていた。だから石段も、めちゃ急で長い。粉河寺で会った人たちに再び出会い、励ましあって登っていた。そんな山の上は広くないけれど、本堂の他に三重の塔や宝物館が建っていた。そして、海を見渡す景色がめちゃ良かったし、汗だくの身体を海から上がってくる風が癒してくれる。ここでも、しっかり参拝して、ご朱印を頂いてきた。
 
 和歌山まで来たのだから、百名城の和歌山城にも行ってみた。ここも初めてで、意外と山になっているからビックリ。天守閣までは長い石段を登らなくてはならず、登った先では噴霧器を持ったお兄さんが霧をかけてくれた。そのくらい汗だくで登城…。ここの天守閣は小ぶりで再建なんだけれど、石垣や庭園がすごく立派で、さすがは徳川御三家って感じだった。
 
 和歌山からは西国4番の施福寺へ行こうと思ったけれど、もう身体がクタクタ。施福寺はかなりまた登らなくてはならないことを知ってるから、あっけなく却下してしまった。しかも折角なら和歌山ラーメンでもと思っていても探す気にならず、モスに入ってしまうくらい放心状態。それでも帰りの運転は元気で一気に三重県に入り、長島の花火の時間と重なったからパーキングエリアから撮影を試みる。そして何故か爆睡して、最後は名古屋・錦の天下一品に立ち寄って帰ってきた。長い1日だったな。
 
◆粉河寺

f:id:seigoy:20150822135941j:plain

f:id:seigoy:20150822100019j:plain

f:id:seigoy:20150822100825j:plain

f:id:seigoy:20150822170209j:plain

 

◆紀三井寺

f:id:seigoy:20150822135756j:plain

f:id:seigoy:20150822114829j:plain

f:id:seigoy:20150822170232j:plain

 

◆和歌山城

f:id:seigoy:20150822124901j:plain

f:id:seigoy:20150822135651j:plain

f:id:seigoy:20150822165716j:plain

 

◆EOSでは上手く撮れてるかな?

f:id:seigoy:20150822231621j:plain

 

◆〆は天一

f:id:seigoy:20150822231531j:plain