読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

ヴェネツィア展と広隆寺

京都

京都に入って、まずは朝食。久々に寺町通りのスマートコーヒーへ行ってきた。レトロな喫茶店で有名だから、朝から満席。アイスコーヒーとフレンチトーストで1000円という、ちょっと贅沢なモーニングだった。かなりマッタリしちゃって、動き出すのに時間がかかってしまった。
まずは寺町通りから西の三条通りをぶらぶら歩く。この通りには明治時代のビルが残され、雑貨屋とかも多くて面白い。朝からめちゃ暑くて、大汗をかきながら歩いていた…。
この界隈の中間点くらいに、京都文化博物館がある。ここを訪れるのは『龍馬展』以来で、今回は『世界遺産ヴェネツィア展』を観てきた。ヨーロッパ史はあまり得意じゃないから、ヴェネツィアにこんな都市が昔から栄えてたなんて知らなかった。いろんな写実的な絵を観て、感心していた。マルコポーロも絵の中にいたり、その頃の地球儀もあったりして、なかなか面白かった。一度行ってみたいなぁって、思ったりもした。
博物館で長く時間を使ったつもりなのに、出てみたらまだ昼前だった。まだランチには早いかなって、ちょー久々に太秦にある広隆寺へ行ってきた。ここには国宝第1号の弥勒菩薩をはじめ、奈良時代から平安時代の貴重なキレイな仏像がたくさん安置されている。残念な事に本堂とかで観られるわけではなく、霊宝殿というコンクリートの建物。でも、それだけに間近でじっくり観られるのがいい。相変わらず弥勒菩薩半跏像の考える姿は見事だったし、大きな千手観音像も良かったなぁ。なんか久々に仏像を観られ、心安らいだ感じかな。
広隆寺を出たらさすがに腹が減り、この間定休日で入れなかった『山猫軒』でパスタランチを食べた。少々周りがうるさかったけれど、歩きすぎの疲れもあり本を読みながら長時間居座る。東寺でも行きたいなぁって思っていたけれど、そんな元気はなし。山猫軒からは、スキーショップ『バム』に立ち寄り、祇園でお土産を見てまわり、最後は天下一品で〆て帰ってきた。


三条通り・日本生命ビル

京都文化博物館


広隆寺



広隆寺前の嵐電