読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

またもや登城できなかった松山城

四国

しまなみ海道を南下し、四国・今治に上陸する。ここからは峠を越え松山に入るのだけれど、暑さと疲れのせいですごい睡魔に襲われ、昼寝をしてしまった。
そして起きてみたら、2時間も寝てしまっている。「やってしまった」と後悔しつつ運転し、松山に入ったのは16時近くだった。


過去2回とも登城できなかった松山城。この間読み終えた『坂の上の雲』の舞台だし、津山城や姫路城と並び日本三大平山城といわれ現存している魅力的な城だから、今回こそは登城したかった。
でも、ロープウェイに乗り天守閣入り口まで行ったら、ぎりぎり閉門時間で入れなかった。昼寝なんかしなければと、泣くに泣けない…。仕方なく、高くて立派な石垣を見たり、眼下の景色を眺めたりして、下ってきた。
今度こそは、登城してみたいなぁ。


日も暮れて、道後温泉へ行ってきた。
今回は有名な本館じゃなく、『椿の湯』という銭湯に入ってみる。こっちも石造りの浴槽で、雰囲気がなかなか良かった。でも、浴室全体がめちゃくちゃ暑くて、長居はできなかったなぁ…。
風呂に入った後は、商店街をぶらついてみた。ホテルの浴衣で歩いてる人が多くて、うらやましくもある。時間は20時近くになってお腹が空き、『鯛めし』が食べられる店に入った。重箱にご飯が入り、その上に鯛の刺身がのっている。そこにとろろをかけて食べるんだけれど、これがめちゃ旨かった。量にはちょっと不満で、おかわりしたいくらいだったけれど…。


明日も午前中は松山に留まってもいいかなぁと考えていたら、ブログのコメントで衝撃の事実を教えて頂き大三島へ戻ることにした。とりあえずは今治、しまなみ海道入り口で車中泊。


◆松山城






 坂の上の雲ロケで使われた大砲


◆道後温泉で食べた『鯛めし』