読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

たいらスキー場で初自分撮り!?

ski 北陸 動画

昨夜のうちに高鷲まで走った。今回のスキーはやめておこうと思ったんだけれど、来週末はすごく暖かくなるって言うから、この寒波は貴重かなと思い出発。軽く高鷲で滑ろうかなと思っていた。でも、ひるがのパーキングエリアでは全く雪は降っておらず、ふて寝…。
そして朝起きても雪は降っておらず、たいら中毒の友人に教えてもらった『富山県道路情報』を見たら、五箇山周辺では夜中のうちに多少積雪があったみたい。このサイトは、1時間単位で各ポイントの降雪量が見られる。高速道路上で車中泊している時点で北に向かう気はあったんじゃないかって感じだけれど、やっぱ五箇山・たいらスキー場へ向かっちゃった。
高鷲から約80km走って、スキー場には8時のオープン前に到着。地元の大回転の大会があり騒がしかったけれど、未圧雪の正面ゲレンデはコース外でノートラックなバーンが広がっていた。我先にと幅広な板を担いで行く人たちに負けじと準備をして、オープン直後にリフトに乗ることが出来た。
1本目飛び込んだらすごく重くて、底はアイスバーンになってるところが多いものの、思ったより深い新雪で気持ちいい。やっぱ『たいら』だなぁと思うも、なかなか攻めれなかった。というのも、動画撮影を始めたばかりなのに、もうポールの先にカメラを固定し自分撮影という高度な技に挑戦してみたから。ただでさえ新雪を滑るのに苦労するのに、片手運転で滑る。予想通りコケまくったけれど、動画はまあまあかな。2本でやめたけれど、また挑戦してみたいな。
カメラをヘルメットに付け直した頃には、もう新雪がダマダマになり硬いコブが出始めてきた。頂上付近に若干気持ちいい所も残っていたけれど、全体的にはテクニカルな苦痛なバーンとなっていく。幅広な板の人たちはもう10時には上がり始め、自分も「もう十分」と11時過ぎに上がってしまった。
やっぱ今日は来て正解。今シーズンは、かなり新雪で楽しんじゃってるな。感謝。感謝。


とりあえず1本目だけアップ。