読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

八方でスキー講習会

長野 ski

昨夜から降っていた雪はやんで、朝からキレイに晴れていた。でも降った雪は結構積もっていて、ゲレンデは期待できそうだった。
早く思いっきり滑りたくても、今回参加したのはスキー講習会だから最低でも今日午前中のスキースクールに入らなくてはならない。中級以上のクラスに入ったら、1本滑って更にクラス分けされ上級に入ったんだけれど、その中の8人中、自分と先輩夫婦、そして先輩の子供(中1と小5)がいる。恐るべし、先輩ファミリー。
で、講習会というといつも単調でつまらないのに、今日は違った。力を入れるポイントがつま先から最近はかかとに持って行くのが主流みたいで、それをどこでも行えるようにって急斜面の新雪ばかり連れて行かれた。先輩の子供(普通について来てたけれど)だって容赦ないスパルタ教育。自分はというと「楽しそうに滑って実にいい」と、合格しているんだか放任されているんだか曖昧な感想ばかりだった。でもニュートラルな位置で滑ってることが間違ってないんだなと確信できたのは良かった。
午後からはフリー滑走。小学生を含めたみんなで滑りまくった。午後になって気温も上がり新雪はボコボコになったものの、自分は柔らかくて気持ちいいコブにチャレンジしまくる。北尾根も行ったし、パノラマからセントラルも行ったし、もちろん最後はリーゼン。クタクタになるまで滑った。
その結果は、ホテルに帰って、温泉入って、美味しい食事にビール飲んで、21時には爆睡していた。