読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

ガチガチだったダイナランド

朝8時前に春日井の先輩を迎えに行き、ダイナランドへ。10時前に着いた時には、さすがは女性無料のレディースデーで立体駐車場が満車状態だった。でも、かなり歩かなければならない事を考え、身体障害者駐車場に駐めさせて頂く。先輩には「どう考えても障害者には見えないんだけどなぁ」って何回も突っ込まれたけれど…。
いざゲレンデに出てみると、上から下までガチガチのバーンだった。昨日は雨だったみたいで、それが冷やされ固まった模様。非圧雪な所なんかはエッジも立たず入りようもなく、圧雪バーンもエッジを立てる力が半端なく必要でどんどん体力を消耗していった。でも、それだけにスピードはめちゃくちゃ乗り、相変わらず上手い先輩と、かっ飛びモードで滑る。αライナー周りを4本滑り、こちらも本当に硬かったβライナーのチャレンジコースを1本滑り、ランチにした。今日はゲレ食で『鶏ちゃん丼』。旨かった。
昼からは、スカイラインコースで行われていた国体予選が終わり、旗門が取り除かれ解放される。真っ先に飛び込んだら、太陽が出て適度にバーンが緩み、気持ち良くかっ飛べるようになっていた。それはもう最高で、結構なロングコースなのに5本も立て続けに滑る。今シーズンからβライナーのリフト係員に入った、(先輩が「疲れない?」って聞いたくらい)めちゃくちゃ明るい女の子の挨拶も気持ち良く、先輩共々気合いが入っていた。
そんな体育会系の滑りを終えた後に、αライナーに戻ってモーグルコースへ入ってしまった。もうたどり着くのにやっとで、予想通りボロボロな滑りで凹む。こんな結果でもう終了だなと言った後、泣きの1本をかっ飛んで終了した。
先輩とお互いに「○○と来ると、いつも馬鹿みたいに滑り倒してしまう」と言い合うような、めっちゃハードなスキー。かなり楽しかったけれど、明日の身体が心配だな。
◆国体予選中

◆天気は曇り時々晴れ

◆疲れすぎてストックも放り出す?