読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

ダイナランドと長良川鉄道

深夜に出発したのに、大和パーキングエリアで力尽き熟睡してしまった。いつものダイナランドスキー場には7時頃到着し、5時からのモーニングは滑れず…。それでも朝早い方なのに、車が多かった。いつもなら土曜日は混んで日曜日は空くはずなんだけれど、すでに立体駐車場は満車。係員の話では、今シーズンは客足が戻ってきたらしい。やっぱり自分の世代がファミリーとなり戻ってきてるのかな。
着いた頃はまだ雪が降っていたけど、だんだんと明るくなり青空も見え始めた。まずは、αライナーからβライナーへ連絡する急斜面へ。コース脇には新雪が残るお気に入りのバーンで、今朝も膝下くらいの新雪があった。でも、気温が高いからめちゃくちゃ重い。ちょっと苦痛になるくらい…。
βライナーに移り、今シーズン初めてオープンしてたエキスパートコースに入ってみる。ここは完全未圧雪で自然そのままって感じだから大好き。ここも雪は超重かったけれど、人が全然来ないから静かで、どこへも滑っていけるから楽しい。林に入るツリーランなんかも、バンバンやっていた。
エキスパートコースとチャンピオンコースを交互に滑っていたら、昼前に、すでに体力の限界。更に重くなった新雪に入っていたら、久々な板が宙に飛んでいくという大コケをやってしまった。相変わらず無傷で大丈夫だったけれど、もう踏ん張る力もなくなり危険を感じ撤収。今日は足の調子も良く、圧雪バーンでは気持ち良くかっ飛ばせたから、なかなかいいスキーだった。
帰りには時間があったから、また長良川鉄道を撮ってみる。なかなか良いポイントがない上に、2時間くらいに1本というダイヤだから、かなり厄介。また次回だな。


◆ダイナランドスキー場



長良川鉄道