読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

北八ヶ岳茶臼山

長野 登山

昨夜は、上田から蓼科方面に入った道の駅で車中泊。朝7時頃目が覚めたけれど、昨日の疲れからか何かダラけていて、今日はドライブすることに決めた。

気持ちいい道で白樺湖まで走り、そこから麦草峠方面に向かってみる。今日はあまり天気良くないはずだったのに、お気に入りの『女の神展望台』からは八ヶ岳や中央アルプスが見事なまでに美しく望めた。もうここで山スイッチが入り、急いで(?)麦草峠へ。

麦草峠からは南側の高見石・白駒池方面に行こうと思ったけれど、行ったことがない北側の茶臼山方面へ向かってみた。地図も持っているから行けるところまで行こうと歩き出すと、いきなり岩がごろごろした嫌な道が続く。でも久しぶりの登山なのにめちゃ足取りが軽くて、立ち止まることなく登っていった。これはかなり行けるんじゃないかと思い始めた頃、急に視界が開けた『中小場』に到着。麦草峠からは40分ほどで、まだまだ遠くにある茶臼山がキレイに望めた。

ここからは更に急登が続いた。信じられないくらい延々と続き、しかも岩だらけ。一緒になった人たちと励まし合って登ったけれど、「登り方うまいね」とか「早過ぎる」とか言われ嬉しかった。自信を取り戻したって感じかな。あえぎながらも中小場から30分で、2384m茶臼山山頂に着いた。

山頂は視界ゼロでガッカリしていたら、その先に見事なまでの展望台が待っていた。八ヶ岳連峰や蓼科山、下には蓼科高原、まさに北八ヶ岳らしい景色が望める。だいぶ雲は出てきたけれど、まだまだ雨の心配はなさそうで昼食の準備。お湯を沸かしてラーメンだと思ったら、ザックの中でポリタンの水が全部こぼれていた。何という命にも関わりかねない大失態にショック。おにぎりだけを食べて、下山し始めた。

下山になっても足取りは軽かった。急すぎて飛んで下ることは出来なくても、まずまずのスピードで下れるから大満足。まだまだ行けるなって感じ。下ってからは、麦草ヒュッテで美味しいコーヒーを飲んで、登山終了。今度は余裕持って、茶臼山の先も行ってみたい。2週間後には紅葉もいい頃だというから、どうしようかなぁ…。

◆女の神展望台より

f:id:seigoy:20130922090254j:plain

f:id:seigoy:20130922090356j:plain

◆登山開始して中小場より

f:id:seigoy:20130922110317j:plain

f:id:seigoy:20130922110327j:plain

◆急登の途中にて

f:id:seigoy:20130922113735j:plain

 こんな道が延々続く

f:id:seigoy:20130922113820j:plain

◆茶臼山山頂展望台より

f:id:seigoy:20130922115235j:plain

 蓼科山方面

f:id:seigoy:20130922115320j:plain

 人も結構多い

f:id:seigoy:20130922115348j:plain

f:id:seigoy:20130922123140j:plain

 本当の頂上は視界ゼロ

f:id:seigoy:20130922123603j:plain

◆中小場より茶臼山

f:id:seigoy:20130922131534j:plain

 もう雨が降りそう

f:id:seigoy:20130922131557j:plain

 赤とんぼも多かった

f:id:seigoy:20130922132033j:plain

◆麦草峠の池

f:id:seigoy:20130922135331j:plain

◆麦草ヒュッテにて

f:id:seigoy:20130922140833j:plain

◆夕暮れに間に合わなかったJR小海線

f:id:seigoy:20130922174326j:plain