読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

大三島でロードバイク試走

朝6時、窓を閉め切って寝ていた車内が暑くて目が覚めたら、もう太陽は高い位置でギラついていた。暑くなりそうな感じだけれど、駐車場前の海岸は風が吹いて気持ちいい。テーブルや椅子まであるから、そこで朝食を食べた。


7時になり、恐る恐る走り始める。
ロードバイクなんて学生以来で、しかもドロップハンドルは初めて(無謀??)。いつかは乗ってみたいと(去年辺りから特に)思っていても、どれも高価で通勤で練習に使える代物じゃなかった。
それが今回、オークションで発見したのがフレームが真っ二つに折り畳めるロードバイクで、新古車を21000円で落札できてしまった(定価も4万円ちょっとと高くはない)。タイやサイズ700Cで身長160cmから適応するっていうし、これなら街乗りでも気軽に行けそうだと思った。
いざ乗ってみたら、すんなり乗れた気がする。怖かったブレーキも大丈夫そう。早速、しまなみ海道の『多々羅大橋』を渡ってみた。


しまなみ海道は自動車専用道だけれど、脇には原付と自転車・歩行者専用道が付いている。でも、橋の道路は高いところにあるから、円を描きながら登っていく。早速登りかよと思ったけれど21段変速で快適に登り、そして真っ直ぐな橋の上を走った。去年初めて車で走ったときは、いつか自転車で走ってみたいなぁって思っていたのに、こんな早く叶うとは。海の上を自力で走るってのもいいし、途中で止まって景色を堪能できるのもいい。最高!!


生口島ってところまで渡って、引き返す。すごい人たちはこの先も島を走って橋を渡って行くんだけれど、今回はあくまで試走(すごく弱気)。大三島に戻って島内を走ってみる。大山祇神社へ。
大三島内もサイクリングロードが整備されていて、快適だった。でも神社は島の反対側にあって、山を越える道のり。自転車は快適でも、暑さで、疲れで、バテバテ。情けない…。
それでも無事に神社までたどり着き、神社を参拝する。日本総鎮守というくらい昔から由緒あるここは、パワースポット(特に縁結び?)としても有名。本殿に入る前の楠がすごいらしい。フラフラになりながらも、本殿と楠にはしっかりと参拝してきた。
帰りも同じコースを戻る。この先を周遊なんて考えられず、戻ってきただけでも意識が遠のくくらい、暑さにやられてしまった。とりあえずは自転車を撤収して、冷房の効いた車で松山へ向かうことにした。


◆道の駅より


 この花なんだろう…


◆多々羅大橋ゲート(自転車100円・歩行者無料)


 新車と真っ直ぐな橋


 大三島を望む



◆大山祇神社


 パワースポット?の楠



◆サイクリングロードはこんな感じ


◆新車と多々羅大橋


 折り畳み後