読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seigoy's diary

旅人間。山やスキー場、京都、アジア中心に彷徨ってます。それに伴って、カメラや車、パソコンが大好き。

西表島カヌー

高い朝食バイキングをホテルで済ませて西表島へ向かう。泊まったチサンホテルは普通のホテルだったけれど、離島桟橋に歩いて行けるから便利だった。
高速船に40分揺られて西表島到着。10年以上前にキャンプ生活して以来だったから、港前の風景も懐かしかった。カヌーも以前レンタルした民宿「マリウド」で再びレンタルし、港まで迎えに来てもらう。民宿も以前と変わっていなくて懐かしかったけれど、レンタルの時にレクチャーがあったのは驚いた。以前はレクチャーもインストラクターもなしで出発し、一緒に出発した知らない人を自分が教えてたくらいだったから。
レクチャーと買い出しを終えて出発。マングローブの森の川面を静かに上って行く。この上ない最高な時間を味わいながら漕いで行った。カメラは念のため昔のコンパクトを持参。首からかけて写真を撮っていた。そして30分くらいでピナイサーラの滝への登山口に到着。その時油断した。カヌーから降りようとしたら頭から転覆。カメラも一緒に泳いで、もちろん二度と電源が入る事はなかった。まあ覚悟はしてたからいいけど、馬鹿さ加減に泣けてきた。
カヌーを降りてジャングルみたいな森の中を40分登る。この登りが結構ハードできつかったけれど、滝の頂上に着くとそこから見る景色は圧巻だった。ジャングルの森の先には青い海があり、小浜島石垣島が見える。またこの景色が見られて感無量だった。
帰りは来たルートを引き返す。名残惜しいように大自然を満喫した。決してわざとじゃないけれど、2回も 沈して泳いだし。
西表島からは一旦石垣島まで戻って小浜まで移動。今夜から2泊するリゾートホテル「はいむるぶし」にチェックインした。広大な敷地に平屋の宿泊棟が点在する綺麗なホテル。移動には徒歩で大変だけど、のんびりするには最高なところだ。
ホテルの食事は高すぎて、部落の飲み屋へ行く。何軒か無料送迎してくれる店があるから嬉しい。今日も琉球料理と泡盛でいい気分になり、1日が終わった。

西表島上原港                 

・西表〜石垣間の高速船にて           
・石垣離島桟橋(バスターミナルのように入港待ちしている)
・石垣〜小浜間より竹富島